Googleアナリティクス4(GA4)初心者向けイベントとコンバージョン設定をマスターしよう

googleアナリティクス4(ga4)イベントとコンバージョンをマスターする

リアル店舗なら下記のようなことはお客様が見えるのでだいたいわかります。
・お客様が何人来店したか?
・この商品を手にとった人は何人か?
・実際に購入したのは何人だったか?
でもWebやアプリではそこが見えない。
とくに大事な事業の目標を達成するための重要なポイントを数値として捉えることは、リアルでもネットでも大事です。そこを見えるようするのがこのイベントとコンバージョン設定です。この設定を全くしていない事業会社もあります。 とてももったいないです。GA4でイベントとコンバージョン設定することは ユーザーの行動を数値として見ることができるようになります。 イベントとコンバージョンが事業の成果を把握する上でも大事なので、しっかり理解してマスターしましょう。

目次

GA4のイベントとは

GA4のイベントとは、ユーザーがあなたのWebページで行った操作などを計測するために使用する機能です。例えば、ショッピング カートへの商品の追加、商品ページからの離脱、ページにあるボタンをクリックするなどユーザーの操作をイベントとして計測できます。このイベントの中で特に重要なサイトの目標などにはコンバージョンマークをつけることで、コンバージョンイベントとしての計測が可能になります。

GA4イベントの種類

GA4のイベントには自動的に収集されるもの、設定が必要なものがあります。  

①自動収集イベント
②拡張計測機能イベント:拡張計測機能が有効になっている場合に収集されるイベント
③推奨イベント
④カスタムイベント

①自動収集イベント

GA4を設定するとデフォルトで自動的に収集されるイベントです。
例)初回訪問:first_visit、セッションスタート:session_startなど

②拡張計測機能イベント

拡張計測機能を有効にすると収集されるイベントです
 例)page_view:ページが読み込まれるたびに計測
   scroll:ウェブページが全体の90%まで読まれるたびに計測

拡張計測機能イベントの管理画面

③推奨イベント

GA4で事前に定義されているイベントで、自社に合わせた内容で設定をすると収集されるイベントです。

例)すべてのプロパティ向け

イベントトリガーのタイミング
ad_impressionユーザーが広告を表示したとき(アプリの場合のみ)
earn_virtual_currencyユーザーが仮想通貨(コイン、ジェム、トークンなど)を獲得したとき
generate_leadユーザーが問い合わせのためにフォームまたはリクエストを送信したとき
join_groupユーザーがグループに参加したとき
loginユーザーがログインしたとき
purchaseユーザーが購入手続きを完了したとき
refundユーザーが払い戻しを受け取ったとき
searchユーザーがウェブサイトまたはアプリを検索したとき
select_contentユーザーがウェブサイトまたはアプリのコンテンツを選択したとき
shareユーザーがウェブサイトまたはアプリのコンテンツを共有したとき
sign_upユーザーがウェブサイトまたはアプリでアカウントを登録したとき
spend_virtual_currencyユーザーが仮想通貨(コイン、ジェム、トークンなど)を使用したとき
tutorial_beginユーザーがオンボーディング プロセス中にチュートリアルを開始したとき
tutorial_completeユーザーがオンボーディング プロセス中にチュートリアルを完了したとき

オンライン販売向け

イベントトリガーのタイミング
add_payment_infoユーザーが購入手続きで支払い情報を送信したとき
add_shipping_infoユーザーが購入手続きで配送情報を送信したとき
add_to_cartユーザーがショッピング カートに商品を追加したとき
add_to_wishlistユーザーがあとで買うリストに商品を追加したとき
begin_checkoutユーザーが購入手続きを開始したとき
purchaseユーザーが購入手続きを完了したとき
refundユーザーが払い戻しを受け取ったとき
remove_from_cartユーザーがショッピング カートから商品を削除したとき
select_itemユーザーが商品やサービスのリストから商品を選択したとき
select_promotionユーザーがプロモーションを選択したとき
view_cartユーザーがショッピング カートを表示したとき
view_itemユーザーが商品を閲覧したとき
view_item_listユーザーが商品やサービスのリストを表示したとき
view_promotionユーザーがウェブサイトまたはアプリでプロモーションを表示したとき

その他、ゲーム向け推奨イベントなどを確認したい場合は[GA4] 推奨イベントで確認ください。

④カスタム イベント

上記で対応できない場合はカスタムイベントを設定します。
カスタムイベントはWebサイトの目的により設定する内容は異なりますが
例えば
問い合わせをした件数を測定するためのイベントを設定する。これはコンバージョンイベントとして設定することが多いイベントです。

その他カスタムイベントが必要になるケース
・20%、50%,70%、90%のスクロール到達率を計測したい場合
・特定のリンクボタンがクリックされた数値を計測したい場合
・特定ページの資料DL数を計測したい場合など

カスタムイベントを設定する場合は推奨イベントに同じ定義のイベントがないか確認しましょう。例として出したスクロール達成率は拡張計測機能を有効にすると設定されるので、そちらをオフにしてカスタムイベントを設定します。オフにしないと2重計測が発生するので注意が必要です。

また、カスタム イベントは標準レポートにデフォルト表示されないため解析を行うにはカスタムレポートまたはデータ探索ツールを使用する必要があります。

コンバージョンの設定

GA4でのコンバージョンとは、サイト上の目標のことです。ECショップなら実際に商品を買ってもらうことが目的なので商品購入がコンバージョンとなります。また、見込み客を増やすことが目的な、メールアドレスを獲得することがコンバージョンとなるかもしれません。

コンバージョンを設定することで目標に対しての達成度や目標達成に至るまでのユーザーの動向なども可視化することができるのです。コンバージョンは上記のイベントにコンバージョンマークをつけることで簡単に設定が可能です。

イベントを作成したばかりの場合、下記のコンバージョンページにイベント名が出てくるまでに時間がかかります。そんな時は下記の方法で予約登録をしておきます。

①時は赤枠の〔新しいコンバージョンイベント〕をクリックする
②コンバージョンイベントの作成に先ほど作成した〔イベント名〕を入力して〔保存〕を押します。
③該当のイベントが発生したらコンバージョンイベントに出てきます。

GA4コンバージョンイベント
GA4新しいイベントの画像

【コンバージョンのカウントについて】
GA4でユニバーサルアナリティクスに比べてコンバージョンが多くなるという理由の1つがこの設定です。コンバージョンカウント方法は下記の2通りです。

①イベントごとに 1 回コンバージョンをカウント(デフォルト)
イベントが発生するたびに、1 回のコンバージョンとしてカウントされます。こちらが推奨でデフォルトで設定されています。

②セッションごとに 1 回コンバージョンをカウント
特定のセッション内でイベント 1 回のみをコンバージョンとしてカウントしたい場合にこちらを選択します。こちらの計測方法はユニバーサルアナリティクスに近いカウント方法です。

設定方法については別ページ説明します。

GA4のイベント・コンバージョンの実際の作成

GA4の管理画面 >データ表示[イベント]をクリックし、[イベントを作成]クリックし設定画面画面でカスタム イベント名、一致する条件、パラメータを設定します。

例)
問い合わせ件数を計測するための設定の場合、サンキューページが表示されたらイベントが計測がされる設定
を行います。

パラメータは2つ設定します。

1つ目のパラメータ「page_location」、値「サンクスページのURL」にします。
演算子はURLの一部の場合は「含む」、完全一致の場合は「次に等しい」などにします。
正規表現もサポートされているため柔軟な設定が可能です。

2つ目のパラメータ「event_name」で、値「page_view」にします。
演算子は「等しい」にします。これで[作成]クリックして設定は完了です。

カスタムイベント設定画面


今設定したこのイベントに対してコンバージョン設定を行います。GA4の[管理画面]>データ表示[コンバージョン]をクリックします。設定したばかりのイベントはここには表示されません。そのため、面倒ですが下記の方法でコンバージョンイベントとして設定をしておきます。
①新しいコンバージョンイベントボタンをクリック
②コンバージョンイベントの作成画面になるので先ほど設定したイベント名を入力します。
入力したら保存を押します。これで設定OKです。

「既存のイベント」の中で、コンバージョンとして設定したいものがあれば「コンバージョンとしてマークを付ける」を有効にします。トグルが青になっているものがコンバージョンとして設定されている状態です。

GA4コンバージョンイベント

設定したGA4のコンバージョン数やイベントを確認するには?

コンバージョンのユーザー数やイベント数を確認するなら標準したいなら標準レポート>エンゲージメント>コンバージョン①で確認できます。どのランディングページからの獲得したコンバージョンかを確認したいなら標準レポート>エンゲージメント>ランディングページ②で確認できます。目的に合わせて最適なレポートで確認しましょう。もちろん探索データを使って深堀する際に使うのも可能です。標準レポートの場合、コンバージョンしたユーザー数は①のコンバージョンで確認ができます。

①GA4標準レポート:コンバージョン

GA4のコンバージョンレポート

②GA4標準レポート:ランディング

GA4の標準レポートランディングページ

GA4のイベント・コンバージョンイベント作成での注意事項

イベント名はアルファベット推奨

イベント、コンバージョン名、パラメーター名(key)、は日本語でも設定可能ですが、アルファベット推奨です。パラメーター(値)は日本語設定可能です。

イベント名の長さ

40 文字まで。40 文字を超えるイベント名には「_c」が追加されないため、コンバージョンとしてマークしたイベントでも、コンバージョンとしてはレポートされません。

1 イベントあたりのイベント パラメータ数

25 個のイベント パラメータです。

カスタムイベントは推奨イベントを確認してから作成

GA4は基本的に推奨イベントを使うことを前提として設計されています。推奨のイベント名を使うことで機械学習が働くようになっているのです。

コンバージョンのイベント数とユーザー数に注意しましょう。

コンバージョンにはイベント数とそのイベントを起こしたユーザー数があります。多くのイベントはユーザー数と近い数字になるはずですが、マイクロコンバージョンなどは差異が大きくなる場合があります。なぜ差異がでているのか原因を調べてみると導線の不具合が発見される場合等があります。一度確認してみましょう。


ちなみに、標準レポートのランディングページなどのコンバージョンはイベント数が表示されています。イベント数とユーザー数に差異がありすぎると、分析する際にページを状況を見誤る可能性が出てくるのでご注意ください。

イベント作成の上限


無料版のイベント・コンバージョンイベントの作成上限は下記の通りです。

イベント上限数
カスタムイベント50個
コンバージョンイベント30個
イベント作成上限
googleアナリティクス4(ga4)イベントとコンバージョンをマスターする

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる